黒住教とは

黒住教(くろずみきょう)は、備前岡山藩の守護神社・今村宮の神官であった

黒住宗忠(くろずみむねただ)(1780~1850)が、

江戸時代(文化11年11月11日・西暦1814年)に開いた教派神道です。

幕末三大新宗教に数えられ、神道十三派の草分けです。

死を覚悟するほどの病を克服した宗忠が、

満34歳の誕生日であった冬至の日に、昇る朝日を拝む「日拝にっぱい」の最中に

天啓を得て、天照大御神(あまてらすおおみかみ)

と一体になるという「天命直授てんめいじきじゅ」の宗教的体験をして立教しました。

その教えは、一切万物すべての親神が天照大御神で、

その尊いはたらきの中であらゆるものが存在し、

人は天照大御神の「分心」をいただいた神の子であるという世界観です。

 

トップページ黒住教について教会所の歩み行事予定アクセスリンク
〒631-0006 奈良県奈良市西登美ケ丘5丁目14−11
TEL 0742(45)6518   FAX 0742(49)0684

黒住教とは

黒住教(くろずみきょう)は、備前岡山藩の守護神社・今村宮の神官であった

黒住宗忠(くろずみむねただ)(1780~1850)が、

江戸時代(文化11年11月11日・西暦1814年)に開いた教派神道です。

幕末三大新宗教に数えられ、神道十三派の草分けです。

死を覚悟するほどの病を克服した宗忠が、

満34歳の誕生日であった冬至の日に、

昇る朝日を拝む「日拝にっぱい」の最中に天啓を得て、天照大御神(あまてらすおおみかみ)

と一体になるという「天命直授てんめいじきじゅ」宗教的体験をして立教しました。

その教えは、一切万物すべての親神が天照大御神で、その尊いはたらきの中であらゆるものが存在し、

人は天照大御神の「分心」をいただいた神の子であるという世界観です。

 

トップページ黒住教について教会所の歩み行事予定アクセスリンク
〒631-0006 奈良県奈良市西登美ケ丘5丁目14−11
TEL 0742(45)6518   FAX 0742(49)0684

黒住教とは
  • メニュー

黒住教(くろずみきょう)は、

備前岡山藩の守護神社・今村宮の神官であった

黒住宗忠(くろずみむねただ)(1780~1850)が、

江戸時代(文化11年11月11日・西暦1814年)

に開いた教派神道です。

幕末三大新宗教に数えられ、神道十三派の草分けです。

死を覚悟するほどの病を克服した宗忠が、

満34歳の誕生日であった冬至の日に、

昇る朝日を拝む「日拝にっぱい」の最中に

天啓を得て、天照大御神(あまてらすおおみかみ)

と一体になるという「天命直授てんめいじきじゅ」

の宗教的体験をして立教しました。

その教えは、一切万物すべての親神が天照大御神で、

その尊いはたらきの中であらゆるものが存在し、

人は天照大御神の「分心」をいただいた

神の子であるという世界観です。

 

トップページ黒住教について教会所の歩み行事予定アクセスリンク
〒631-0006 奈良県奈良市西登美ケ丘5丁目14−11
TEL 0742(45)6518   FAX 0742(49)0684

黒住教とは
  • メニュー

黒住教(くろずみきょう)は、

備前岡山藩の守護神社・今村宮の神官であった

黒住宗忠(くろずみむねただ)(1780~1850)が、

江戸時代(文化11年11月11日・西暦1814年)

に開いた教派神道です。

幕末三大新宗教に数えられ、

神道十三派の草分けです。

死を覚悟するほどの病を克服した宗忠が、

満34歳の誕生日であった冬至の日に、

昇る朝日を拝む「日拝にっぱい」の最中に

天啓を得て、天照大御神(あまてらすおおみかみ)

と一体になるという

「天命直授てんめいじきじゅ」の

宗教的体験をして立教しました。

その教えは、一切万物すべての親神が天照大御神で、

その尊いはたらきの中であらゆるものが存在し、

人は天照大御神の「分心」を

いただいた神の子であるという世界観です。

 

 

 

トップページ黒住教について教会所の歩み行事予定アクセスリンク
〒631-0006 奈良県奈良市西登美ケ丘5丁目14−11
TEL 0742(45)6518   FAX 0742(49)0684